年頭のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

皆様には、輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶びを申し上げます。

奈良県病院協会看護専門学校では、奈良県内の地域医療を担う看護師の養成を目指し、加盟病院の皆様方をはじめ、多くの県民の皆様から信頼され期待される学校づくりに教職員一同力を合わせて努力しております。おかげをもちまして、平成10年4月の開校以来、これまでに710名を超える卒業生を輩出し、県内の医療機関で地域医療の担い手として活躍して頂いております。これもひとえに、関係者の皆様方のご協力とご尽力の賜物と深く感謝をしております。

さて、わが国の医療を取り巻く環境は、少子・超高齢社会の進展に伴い、病院の機能分化の促進や在宅治療に向けての地域連携への対応が迫られています。この様な、社会のニーズに応えるためには高度な専門性、確実な技術そして豊かな人間性が求められています。本学校といたしましても、基本理念である、「人間の生命、尊厳を尊重し、愛とヒューマニティを基盤とした看護の実践ができる看護師を育成する」ことに重きを置いた指導に基づき、心のケアのできる看護師の育成に向け、教職員一同力を合わせて努力しております。

最後になりましたが、皆さま方のご健康とご多幸を心から祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

令和2(2020)年 元旦

 

奈良県病院協会看護専門学校
学校長  青 山 信 房