病院訪問~その7~

卒業生の就業状況と近況をお伺いするために済生会御所病院に行ってきました
看護部長さんから多くの卒業生が頑張っているお話をお伺いすることができました

卒業生にお話を聞かせていただきました。
◎看護師として働いた感想を教えてください
・患者さんのたくさんの想いを知り自分がどのように関われば良いのかを考えられてとても充実している
・まだ知識と技術が十分ではないので毎日一日振返り悩むときがある
(先生から教えていただいた、一日一回看護ができたか振返りをするということを実践している)
・やりがいがある、日々学びがあり知識が増えると楽しい
・忙しくて看護って何かがわからなくなることがある
・思っていた以上に夜勤などが辛いが、慣れてくると面白いと感じる
・奨学金を受けていると思うから辞めずに頑張れる
◎学校生活の思い出
・みんなで実習を乗り切り、国試の勉強を頑張ったこと
・悩む日々もありましたが、良い思い出を時々思い出し今日も頑張ろうと思う
・実習がしんどかったことがいい思い出になっている
などいろいろなご意見をいただきました

 

ご対応いただいた卒業生の方のお話を聞かせていただいたり、卒業生がイキイキと働かれている姿を見ることができて嬉しかったです
今後も各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます

  

最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました


病院訪問~その6~

卒業生の就業状況と近況についてお伺いするために高井病院に行ってきました
学会で論文発表をされたり、副主任をされている方も多くおられるなど卒業生が頑張っているとのお話を看護部長さんからお伺いすることができました

 

卒業生にお話を聞かせていただきました
◎看護師として働いた感想を教えてください
・オペの件数も多く重症の患者さんも入院されているので毎日とても勉強になっている
・先輩から指導を受け、出来ることが少しずつ増えてきて日々成長を感じている
・やりがいを感じ、看護師としてさらなる高みを目指していきたい
・知識と技術は身についていると思うが忙しすぎて、患者さんと深く関われているのか不安になることがある
・責任の重さを日々感じた
◎学校生活の思い出
・体育祭で3年間1位を取った
・長いと思っていた学生生活はあっという間に過ぎてしまった
・大変なことも多かったが学校祭等とても楽しかった
・クラスが個性的だった
・同じ班の方、学年内での支え合い、団結は強くなった
・教職員と学生との距離が近く、色々な話ができた
などいろいろなご意見をいただきました

  

たくさんの卒業生にお会いすることができ、病棟などで活躍している姿を見せていただき嬉しかったです
今後も各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます


最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました


病院訪問~その5~

卒業生の就業状況と近況についてお伺いするために香芝旭ヶ丘病院に行ってきました
看護部長さんから卒業7年目の方は病棟ではリーダ的存在で頼りにされており電子カルテ導入時、委員になり活躍しているなど卒業生が頑張っているとのお話をお伺いすることができました

  

卒業生にお話を聞かせていただきました
◎お仕事を教えてください
・オペ室
・整形外科病棟
・内科・整形
◎看護師として働いた感想を教えてください
・オペ室なので患者さんと関わる時間は短いのでもっと触れ合えると良いと思うが、
仕事はとてもやりがいがあり楽しい
・勉強不足を実感することも多い
◎学校生活の思い出
・社会人経験を経て数十年ぶりに勉強することができて新鮮でした
・3年間苦しいこともあったが病院協会看護専門学校に通えてよかった
・実習で辛いことも楽しいこともよい思い出
・他校より厳しいと感じていたが、その厳しさがあったから仕事でのいろいろなこと
を乗り越えられた
などいろいろなご意見をいただきました

  

卒業生の方のお話を聞かせていただいたり、学生だった頃とは違い、たくましくお仕事をしている姿を見せていただきました
今後も各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます

最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました


第21期生戴帽式

10月3日(木)第21期生の戴帽式を挙行しました。
戴帽式とは看護学生がナースキャップを戴き、看護の道に進む者としての情熱や、かけがえのない命に携わる責任を再認識する神聖なセレモニーです。
一人ひとりが看護の灯を受け継ぎ、幻想的な光の中、自分たちで考えた『誓いの言葉』を唱和し誓いを立てました。

   

いくら医療が進歩しても患者さまに寄り添う気持ちは変化しません。今日の気持ちを大切に日々の勉学に勤しんでほしいと思います。

お忙しい中、多くのご来賓、保護者の方々に足を運んでいただきました。またたくさんのご祝電やお花を頂戴いたしました。重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

また、本日の戴帽式は2社からテレビ取材を受け、夕方のニュースに取り上げていただきました。
インタビューを受けた学生は緊張の面持ちでしたが、いい記念になったようでした。

普段つけることのないナースキャップということもあり、式典の後は大撮影会となりました(笑)

   

 


病院訪問~その4~

卒業生の就業状況と近況についてお伺いするため、おかたに病院に行ってきました。
総看護師長さんから卒業生が頑張っているとのお話をお伺いすることができました

卒業生にお話を聞かせていただきました

◎看護師として働いた感想を教えてください
・他の病院ではできないようなことも経験できている
・興味のある分野が実践で学べている
・自分の仕事のできなさや責任の重さを感じ苦しい時もある
・患者さんとの触れ合いがある

◎学校生活の思い出を教えてください
・実習中の記録の記入が多くて睡眠不足となった
・学校祭や体育祭などの行事が楽しかった

などいろいろなご意見をいただきました

  
イキイキと働いている姿を見ることができてよかったです
たくさんの卒業生にお会いすることができて嬉しかったです
今後も各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます

  

最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました


病院訪問~その3~

卒業生の就業状況と近況についてお伺いしに奈良東病院に行ってきました。
看護課長さんから卒業生が頑張っているとのお話をお伺いすることができました

卒業生にお話を聞かせていただきました

◎看護師として働いた感想を教えてください
・苦しいことも多くあるが、患者さんの笑顔を見られたときは嬉しい
・覚えることが多くて、甘い世界ではないことを実感している
・患者さんが退院された時などには達成感を得ることができた

◎学校生活の思い出を教えてください
・実習中の記録の記入が多くて睡眠不足になった
・学校祭が楽しかった
・大変だった実習の後に学校で会える友達や先生との会話はホッとした

などいろいろなご意見をいただきました

   

学生だった頃とは違うみなさんのたくましい姿を見せていただきました
たくさんの卒業生にお会いすることができて嬉しかったです
今後も各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます

最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました

  


病院訪問~その2~

在学中に奈良県病院協会加盟病院奨学金の貸与を受けて卒業し就職した病院に、就業状況と近況をお伺いするため済生会中和病院に行ってきました。

卒業生にお話を聞かせていただきました。
◎看護師として働いた感想
・日々忙しいが患者さんからの感謝には救われている
・看護師になってから学生の時以上に責任を感じるようになった
◎学校生活の思い出
・実習が辛かったこと
・国家試験の勉強が辛かったこと
・毎年行う体育祭が楽しかった
などいろいろなご意見をいただきました

頑張って仕事をこなす姿に、学生の時とはひと味違う凛々しい表情を見ることができ、成長を感じられ嬉しく思いました。
各病院にご協力いただき順次訪問させていただきます

  

最後になりましたが、病院の関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました

 


病院訪問~その1~

在学中に奈良県病院協会加盟病院奨学金の貸与を受けて卒業し就職した病院に、就業状況と近況をお伺いするため西の京病院に行ってきました。

看護部長さんから卒業生が頑張っているとのお話をお伺いすることができました

卒業生にお話を聞かせていただきました
◎看護師として働いた感想を教えてください
・看護師になれた喜びを感じている
・未熟さを感じ成長できるよう日々勉強している
・命の大切さや自分が看護した患者様が自立に向けて頑張っている姿を見てやりがいを感じている

◎学校生活の思い出を教えてください
・実習中の記録の記入が多くて大変だった
・実習をチームで笑いながら泣きながら、協力しながら乗り越えられた
・看護師国家試験前にクラスメイトと一緒に勉強した日々
・看護師国家試験前の緊張感
・1年生の時に行った遠足

などいろいろなご意見をいただき、大変だったけれど楽しかった学生生活が、看護師として働く上で少しでも活かされているんだと感じることができました

たくさんの卒業生にお会いすることができて嬉しかったです
各病院にご協力いただき順次訪問させていただく予定です

最後になりましたが、病院関係者のみなさん、卒業生のみなさんお忙しい中
お時間を作っていただきありがとうございました


第20期生 ケーススタディ発表会

9月12日(木)本校講堂にて、第20期生のケーススタディ発表会を行いました。
ケーススタディとは実習で行った看護について文献や資料を用い、自分自身の看護実践を理論的に考察して看護観を深めるものです。

   

振り返りから気づいた学びや感謝の気持ちを、これからの看護につなげてほしいと思います。
1・2年生の中にも、少し先を行く3年生の姿に心を揺さぶられる学生や、看護の奥深さに身を引き締めている学生も多くいたようで、今後が楽しみです。

最後になりましたが、お忙しい中、時間を割いて講評に来ていただきました実習指導者のみなさま、本当にありがとうございました。


令和元年度 奈良県防災総合訓練

防災の日を翌日に控えた8月31日(土)、令和元年度奈良県防災総合訓練が行われました。
未明からの豪雨により、桜井市三輪小学校区内で大規模な土砂災害が発生し、家屋の流出、交通網の寸断、火災、水道などの設備の被害が相次いで発生したという想定です。

土砂崩れに巻き込まれたバスや倒壊家屋から救出され、医師や看護師などがいち早く負傷者の重症度・緊急度を判断するトリアージポストに運ばれます。

  

傷病に応じた応急手当等の医療救護が行われ、重傷者等を災害拠点病院に搬送します。

 

今年も被災者役として参加させていただきました。参加した学生からは「いつ病院に運んでもらえるんだろうと不安を感じた。」「『大丈夫ですか?』などの声でどれだけ気持ちが救われるか体感し、声かけの重要性を学べた。」など、それぞれ貴重な体験をしたようでした。

 

避難所訓練では、ボランティアで参加された地域住民の方々と避難者体験をしました。
多職種の方々が3か所の避難所を巡回し、アセスメントシートを活用しながら情報収集・情報共有を行っていました。

 

また、展示場にはプライバシーに配慮した個人スペースやペットと共に生活できるテントの展示などがあり、避難者の安全と安心の場がどのように提供され、被災者の健康が守られるのか学ぶことができました。

  

日頃、元気だと気づかないことを理解できた貴重な体験だったと思います。
関係者のみなさま、このような機会を与えていただき、ありがとうございました。