学校祭を行いました

11月17日18日と学校祭を行いました。
1日目は文化祭です。午前中に1年生、2年生の舞台発表があり、各学年趣向を凝らした出し物で楽しませてくれました。
今年の模擬店ラインナップはクレープにたません、たこ焼きにドリンク、やきとり、フランクフルト、チヂミに加え、教務事務から昨年よりバージョンアップした豚汁と炊き込みごはんです。

文化祭 (111)    文化祭 (176)

手浴や映画鑑賞のコーナー、プレイルーム、ゲーム大会など盛りだくさんな催し物が用意され、どこに行こうか迷うほどでした。手浴のコーナーはアロマオイルの香りに包まれ、すごく心地よかったです。           文化祭 (219)

本年度も奈良県赤十字血液センターのご協力のもと献血を行いました。目標人数にはあと少し足りませんでしたが、多くの方に参加いただきました。

 

2日目は学校長賞争奪体育祭です。午前は大縄跳び、ドッヂボール。お昼からはバレーボールと全員リレーで勝敗を争います。

IMG_9511   IMG_0035

今年は2年生が優勝し、2連覇達成です☆
なにより、大きなケガもなく終えられたことがよかったです。
2年生は臨地実習に、3年生は本格的に始まる国家試験対策に臨む前にいいリフレッシュが出来たようです。

DSC_9919

 

 

 


近畿府県合同防災総合訓練

10月23日(日)五條市上野公園で行われた平成28年度奈良県近畿府県合同防災訓練・緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加してきました。近畿2府7県が持ち回りで行われる非常に大規模な訓練です。
それに先駆け19日(水)に事前オリエンテーションがあり、訓練の概要や演技指導、トリアージの方法などを学びました。

IMG_2232

奈良県南部を震源とする最大震度6強の地震が発生。建物・家屋の倒壊、それに伴う火災の発生などの被害が相次いで発生したという想定で訓練が行われました。

IMG_2288     IMG_2342

コンクリートの壁を壊す大きな音や、金属を切断する時に出る火花に恐怖を覚えながら救助を待ちました。
なかには3時間以上救出されず、閉じ込められていた学生もおり、被災者の不安や焦りを体感したようでした。

IMG_2300   IMG_2347

訓練に参加したことで、大規模災害での役割や、関係機関との連携など学びが多く、有意義な一日になったようです。
このような機会を与えていただき、感謝します。ありがとうございました。


第18期生戴帽式

台風の接近も心配されましたが、晴天に恵まれた10月6日(木)第18期生の戴帽式を挙行しました。
戴帽式とは看護学生が看護の象徴であるナースキャップを戴き、看護の道へ進む者として責任の重さや看護職という意識を高めるための神聖なセレモニーです。
普段は賑やかなクラスですが、今日は神妙な面持ちで、自分たちで考えた誓いの言葉を唱和しました。幻想的な灯火の中で誓いを立て、生涯忘れることのできない式になったのではないでしょうか。

6231_手札   DS3_8285

いくら医療が進歩しても、患者さまを思う気持ちは変わりません。今日の気持ちを忘れずに、これからも日々の勉学や実習に励んで欲しいと思います。
最後になりましたが、お忙しい中、ご臨席いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 


ケーススタディ発表

9月16日(金)本校講堂にて、第17期生のケーススタディ発表会を行いました。
ケーススタディとは臨地実習で学んだ看護をもとに、文献や資料を用い、理論による裏づけのもと振り返り、看護観を深めるものです。
お忙しい中、講評に来ていただきました実習指導者のみなさま、本当にありがとうございました。

IMG_2178  ケース

学生からは「コミュニケーションを通して情報収集を行い、患者様を理解する大切さ、チーム医療を実施する上での連携の大切さ、今後ますます増える在宅看護に向けての退院指導の重要性など様々なことを学べた。」「実習での学びを得て、ケーススタディをまとめ、仲間と共に共有することができた。」との声を聞くことが出来ました。

普段はあまり思うことはありませんが、各自の役割をこなし、堂々と発表している姿をみると、さすが3年生。確実に成長していることを感じさせてもらいました。
今回の学びを後半の実習や今後の看護に活かし、感謝の気持ちを忘れずさらに成長していってくださいね。

 

 


オープンキャンパスを行いました。

8月6日(土)平成28年度のオープンキャンパスを行いました。
各グループに分かれ、看護体験、フリートーク、校内見学などを体験していただきました。実際に手に触れ、体験していただくことで、学校の学びを知っていただけたのかなと思います。

DSC_0084   IMG_2096

最初は緊張されていたようでしたが、熱心に体験をし、在校生や教員の話に耳を傾けておられました。
真夏の太陽が照りつける暑い日にもかかわらず、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。一緒に学べる日を楽しみにしています。

DSC_0183

ボランティアで参加してくれた学生のみなさん、夏休みにもかかわらず、わかりやすく説明できるよう練習に来てくれたり、準備や片付けを手伝ってくれて、感謝します。

 


ナラ・シェイクアウト

7月11日(月)昨年に引き続き、ナラ・シェイクアウトに参加しました。
シェイクアウトとは2008年にアメリカで始まった地震に備える防災訓練で、決められた時刻に一斉に参加者全員が机の下に隠れるなど、身の安全を図る行動を実践し、自宅や地域・職場などで日頃の防災対策を確認することを目的としています。

訓練の内容は

  1. まず低く!「DROP!」 体勢を低くし地面に近づきます。
  2. 頭を守り!「COVER!」机やテーブルの下に入り、頭を守ります。
  3. 動かない!「HOLD ON!」揺れが止まるまで動かない。

IMG_2036     IMG_2038

「地震が発生しました!」の校内放送で、1~3の安全確保行動を1分間いっせいに実施しました。
今回の訓練を環境整備や災害時の安全確保行動に活かしましょう。

 

 

 


平成28年度看護学校進学ガイダンス

7月10日(日)奈良県看護協会主催の看護学校進学ガイダンスが奈良県文化会館で行われ、本校も参加してきました。
前日の雨が嘘のような暑さでしたが、看護の道に興味をもった中高生や社会人の方がたくさん参加されていました。
個別相談に先立って、「看護職とは・看護職の役割」という講義が行われ、今年度は本校の教務主任が講師をさせていただきました。たくさんの参加者の前で話すとあって少し緊張気味でした。
看護学校個別相談ブースでは県内の看護系学校が参加し、学校の特色や様子など工夫を凝らし説明されていました。

IMG_2028      IMG_2030

本校のブースにもたくさん来ていただきました。一人でも多くの方が本校に興味をもっていただけたのなら幸いです。8月6日のオープンキャンパスに参加いただければ、より深く本校を知っていただけると思いますので、たくさんのご参加お待ちしています。

 

 


GW真っ只中に。

5月2日、自主防災訓練をしました。まず人形を用いて胸骨圧迫を体験しました。傷病者に呼吸がなかったら、胸骨圧迫による心肺蘇生を行うことが重要です。強く・速く・絶え間ない胸骨圧迫によって、血液を全身に送ります。方法をしっかり習得しておきましょう。
次に、避難訓練と水消火器による消火訓練をしました。通報・消火・避難を体得できたのではないでしょうか。
火災や災害に備え、被害を最小限に留めるために適切な対応が出来るように、知識や技術をしっかり身につけたいですね。

IMG_1400         IMG_1427

5月6日、ボランティア活動を行いました。今年も他学年との親睦を図るべく、3学年混合グループで学校周辺に出発です。
今にも降り出しそうな空を気にしながら、学校周辺のごみ拾いをしました。

IMG_1506    IMG_1496

降り出した雨で、予定していたより短縮バージョンになりましたが、きれいになったのを見ると清々しい気分になります。だいぶ交流も図れたようです(笑)


平成28年度入学式

サクラ満開の4月6日(水)平成28年度第19期生の入学式を挙行いたしました。
42名の新入生の名前が読み上げられ、学校長より全員の入学が許可されました。ご入学おめでとうございます。
これから同じ目標を持つ仲間と、3年間しっかり学び、しっかり楽しんで、患者さんに寄り添える素敵な看護師になれるよう頑張ってくださいね。

IMG_1197     IMG_1200

最後になりましたが、お忙しい中、多くの実習施設や奨学病院のご来賓、保護者の方々にご列席いただきました。また、たくさんのご祝電・祝花をいただきました。かさねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 


サクラサク♪

3月25日(金)第105回看護師国家試験の合格発表がありました。
3月にしては寒い日、大阪IMPホールで合格発表の午後2時までドキドキしながら列に並んで待ちました。

無題

結果は、卒業生37名全員合格(合格率100%)でした!
試験が終わって発表までの間、不安で押し潰されそうになっていたのを近くで見ていたので、全員が合格したのを耳にした時、自然と涙と笑顔がこぼれました。

無題2           無題3

前年度までの卒業生や近所の方など、たくさんの人におめでとうの言葉を頂きました。自分のことのように喜んでくださる方々がいて、多くの人に支えられていたことを改めて感じました。自分のことだけじゃなく、周りの人を気遣える看護師になっていって欲しいと思います。
就職する人、進学する人、それぞれ進む道は違うけれども、この時に感じた気持ちを忘れずに頑張ってね。応援してます♪