旅立ちの時

奈良県病院協会看護専門学校 第12回卒業式を3月2日に行いました。

今年は33名が社会へ旅立ちます。

一人ひとり名前を呼ばれ、緊張した面持ちで卒業証書を頂きました。

       

学校長は式辞で「愛と気配りの精神をいつも心にもち、看護の基本を忘れることなく大きく成長されることを期待しています」との言葉を贈られました。

他業種から看護の道に進んだ学生や、子育てと両立しながら学んだ学生が多く、苦労が多かった分、感動も大きかったと思います。

来賓の皆様、ご家族の皆様、ご多忙の中ご出席下さり、ありがとうございました。また、たくさんのご祝電・メッセージをいただきありがとうございました。

                         

式のあとは3年生を送る会が開かれました。歌あり、胴上げあり(笑)そして涙あり。。。在校生が卒業生に対して感謝の気持ちを存分に伝えられたいい会だったのではないでしょうか。

お別れは寂しいですが、これからも元気で自分らしく看護の道を進んでいってほしいと思います。

 


寄付しました。

平成24年1月5日(木)、本校文化祭実行委員の学生2名が奈良県共同募金会の窓口にて、平成23年11月21日(月)に行われた友愛協会祭2011の模擬店での収益を「東日本大震災」と「NHK歳末たすけあい」に寄付しました。

ご協力いただいた方々に心から御礼申し上げますとともに、全被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

    


年頭のご挨拶


いざという時に

12月8日(木)・9日(金)橿原消防署のご協力のもと、3年生を対象に普通救命講習会を実施しました。

学生たちが医療従事者になるという自覚を持てるようにと4年前から取り組んでいます。

救命講習は、正しい救命措置を施す技術を身につけ、いざという時には大切な命を守るために役立ちます。そんな場面に遭遇することがないのが一番ですが、万が一のときのために知識を持っているといないとでは行動が変わってきます。

                                                       

救急隊員の指導のもと、実際に人形を使ってAEDの使用方法や人工呼吸、心臓マッサージなどを体験しました。

               

救助率があがる『救命の連鎖』をスムーズに連携するためにひとりひとりが出来ることをしっかりとしたいという感想や、人命救助をする上で、一番大事なのは『あなたの勇気』だという言葉が印象的だったという感想がありました。

                                                            

3時間という短い時間でしたが、とても貴重な経験ができたようです。

毎年ご協力いただいている消防本部の関係者の方々に、この場を借りてお礼申し上げます。


熱い戦い!!

11月22日(火)県立橿原公苑第一体育館において体育祭を行いました。

各種目にポイントが付き、総合計で優勝が決まります。クラス対抗で優勝を目指し頑張ります☆

午前は大縄跳びから始まり、ぐるぐるバット、4人5脚、学年対抗リレーと白熱した種目が続きました。

    

午後からはバレーボールです。終日熱気と歓声にあふれた1日になりました。

                        

結果はぶっちぎりで3年生が優勝でした。長く一緒にいるとチームワークも強くなるのでしょうか(笑)学年を超えたチームワークも芽生えたようです♪

          

何より大きなケガもなく無事に閉会できたことにホッとしています。

みなさまお疲れさまでした~☆


楽しい学校祭でした♪

11月21日(月)に文化祭が開催されました。少し肌寒い中にも関わらずご来場いただきました皆様ありがとうございました♪
今年のテーマは『友愛(ふれあい)』。日ごろ触れ合うことのない方々と出会い、看護を学び、絆を深める場にしようというコンセプトです。

午前の部、舞台発表では歌あり、ダンスあり、漫才あり、腹話術??あり、それぞれのグループが趣向を凝らした発表になりました。教員の発表もあり、いつもとは違う一面を見ることができました(笑)

                                              
模擬店ではフランクフルト・ちぢみ・おでんにフライドポテト、前日からの仕込みの甲斐あってどれもとっても美味しかったです☆                  

実習室では足浴、手浴体験もあり日々の学習の成果を発揮していました。

                               

健康体操・バイタル測定や、子ども看護衣体験や手作りのキッズルームも和気あいあいと楽しそうでしたよ。  
会場は学生や地域の方々や卒業生で賑わい、通常の授業や実習時とは違う表情がたくさん見受けられました。協力し合うことで、学生同士お互いの絆を深めることができたのではないでしょうか。

また、奈良県赤十字血液センターご協力のもと献血車での献血協力をしました。

          


文化祭を開催します!!

今年の学校祭のテーマは「友愛(ふれあい)」です。看護学生として様々な方々と出会い、触れ合うことで看護を学び、また絆を深める場と考えています。日頃の学習の成果を地域の住民の皆様を含む多くの方々にご覧いただく絶好の機会です。当日は献血や模擬店、技術体験など皆様に楽しんでいただける催し物をたくさん用意しています。
また、学校祭で得られた収益を東日本大地震、台風災害で被災された方々への義援金と考えています。
皆様と楽しく交流できる学校祭にしたいと思いますので多数のご来場心よりお待ちしています。

テーマ : 協会祭「ふれあい友愛2011」

日 時 : 平成23年11月21日(月)
11時30分~15時30分

場 所 : 奈良県病院協会看護専門学校
〒634-0061 奈良県橿原市大久保町454-10
          電話 0744-25-7374


▲ クリックで拡大 ▲


☆戴帽式☆

憧れのナースキャップを戴く日がやってきました。
毎日、遅くまで練習し、全員が一つになって熱心に取り組んできた本番です。
緊張した雰囲気のなか戴帽式は始まりました。一人ひとり名前を呼ばれ、ナースキャップを戴いていく姿はいつもより輝いて見えました。
揺れる灯の中、自分たちで考えた誓いの言葉を斉唱している様子は希望に満ちあふれていました。その誓いの言葉を胸に素敵なナース目指して頑張ってほしいと思います。とても神聖でステキな戴帽式でした!


ケーススタディ発表会

9月16日にケーススタディ発表会を行いました。
ケーススタディとは臨地実習で学んだ看護体験をもとに文献や資料を参考にレポートにするという学習です。作業を通じて個々の看護観を深めることができたのではないでしょうか。
緊張した面持ちで1・2年生、教員、臨地実習指導者の前で発表しました。
貴重な助言をいただいた指導者の皆様ありがとうございました。この学びを今後の看護に活かしてほしいと思います。


オープンキャンパス

8月21日(日)オープンキャンパスを開催しました。

今年もたくさんの高校生、社会人、保護者の方々にご参加いただき、ありがとうございました。

 

各グループに分かれデモストレーションのあと車いす体験、バイタルサイン、沐浴、心肺蘇生の体験をしていただきました。「体験がたくさんあり楽しかった。」「赤ちゃんの沐浴が思ったより難しく驚いた。」など興味を持ってもらえたようです。
 

奨学金説明、在校生とのフリートークも好評いただき、「在校生とのフリートークが楽しく、勉強や学生生活の不安もやわらぎました」と同じ体験をしてきた先輩にだからこそ聞ける話がされているようでした。

少しでも本校への関心を深めていただけたかなと思います。